マッチング支援とは

事業目的

本事業は、企業の介護ロボット開発を支援する事で、介護現場の真のニーズを汲み取った介護ロボットの開発を促進させる事を目的としています。

事業内容

企業がマーケット情報を収集するためのフィールド等を紹介することで、企業のマーケティング活動を支援します。

本事業におけるマッチング支援

本事業ではエントリー企業に対し、以下のような紹介、取次を実施します。

  • 1. ニーズリストを介したニーズとの取次
  • 2. シーズ(企業・製品)情報を基にしたニーズの紹介、取次
  • 3. シーズ(企業・製品)情報を基にした、企業の紹介、取次
  • 4. 実証・検証に関わる相談及びフィールド(介護施設・リビングラボ等)の紹介

※実証:製品を実際の利用者に実際の利用環境で使用してもらい、効果検証や改善点の導出を行う事
ラボ検証:ラボの施設や設備を利用し、製品が実際の利用者に使用された場合の効果を検証する事

※ニーズ・シーズ連携協調協議会
厚生労働省の委託事業として実施した取り組み。開発前の着想段階から、介護ロボットなどの開発の方向性について介護現場と開発企業らが協議会を組成。介護現場のニーズを反映した、既存の技術・機器にはない優位性を持つ新しいロボットなどの開発提案を行いました。

介護ロボットの開発・実証・普及のプラットフォーム事業について

介護ロボットの開発・実証・普及のプラットフォーム事業は、介護ロボットの開発・普及の流れを加速化することを目的に、各地域における相談窓口や、介護ロボットの評価・効果検証を実施する全国8か所のリビングラボを設置し、ネットワークの形成や実証フィールドの整備などを行っています。

詳細はこちら